<   2011年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧
阿蘇
阿蘇に行ってきました~♪
今回のメンバーは、
私・旦那さん・娘・お義母さん・海ちゃん・空ちゃん・パパです!
陸ちゃんも連れて行きたかったけど、たまに腰が痛くなるみたいで、無理はさせられないので大事をとってお留守番でした。

阿蘇に到着して、最初に向かったのは「はな阿蘇美」というバラ園です。

e0145710_0535894.jpg


秋バラということでしたが、季節がよければもっと素敵だろうな~と思いました。

その後、宿に向かいました。
今回宿泊したのは「ペンション武蔵」さん。
6,7年前に空ちゃんを連れて行ったことがあるのですが、ご飯が美味しかった記憶があって、再びお邪魔しました☆
以前はなかったドッグランが完成していました!

e0145710_0541547.jpg



e0145710_0542845.jpg



e0145710_0544349.jpg


海ちゃんだけものすごいスピード感がありますね(笑)


ドッグランで遊んでも、まだ夕食まで時間があったので、近くの米塚下公園へ。

e0145710_0551238.jpg



e0145710_0552447.jpg



e0145710_0554090.jpg


丁度、陽が落ちるころで、とっても綺麗でした☆


翌日は、「カドリードミニオン」へ。
パンくんやジェームズに会ってきました♪
犬たちは劇場内に入れなかったり、子熊のところに入れなかったりと制限があるので、預かり所でお留守番でした。

e0145710_0555875.jpg


とっても頑丈な作りで、超心配症な私でも安心して預けられました^^

ドッグランもあって、のびのび遊んでいました♪

e0145710_0562090.jpg



e0145710_0563449.jpg


ふと気づくと、柵の隙間から海ちゃんが外に出てしまっていて、遊びタイムは強制終了~!でした^^;
脱走のプロです。
(おやつにつられてすぐ戻ってきました♪)

犬連れ旅行、久しぶりでしたが楽しかった~♪♪
海ちゃんが楽しそうに遊んでいるのを見ると、とってもうれしい親ばかです(笑)
[PR]
by sorarikukaiblog | 2011-10-26 00:57
常磐公園
常磐公園に行きました。
海ちゃん脱走事件がありながらも、せっかく宇部まで来たのだからゆっくり散策しました。

丁度、行ってみたいと思っていたUBEビエンナーレ??とかが開催されてて、いろんなアーティストさんの作品が展示されています。

e0145710_0511435.jpg


作品は野外展示で触ったりもできます。
なかなか面白かったです♪

それから、花を見たり、鳥を見たり。

どこかの子供がポップコーンをこぼしてしまったのか、ハトにばらまいたのか、たくさん落ちていました。

e0145710_0513397.jpg

「これ、食べていいの・・・?」
と一瞬考えたのか考えなかったのか、バクバク食べ始めたのは言うまでもありません(汗)


e0145710_0515325.jpg


海も娘も鯉や鳥達に興味津々でした。
でも、後からよく見たら、鳥がいるので犬を近づけないで下さいって書いてあるのを発見!
もっと目立つように書かないと気づきません;


たっくさん歩いたので、途中で休憩~!

e0145710_052962.jpg



お天気もよくて、気持ちよかったです☆
[PR]
by sorarikukaiblog | 2011-10-26 00:52
DIY
以前、犬のしつけ教室で聞いた話です。

犬にはハウスやゲージが必要なんだそうです。
それが無いと、家全体が自分の縄張りのような感覚になって、犬にとっては非常にストレスなんだとか。

我が家の海もハウスがありません。
きっと家全体が縄張りと思ってるから、お客さんにあんなに吠えるんだ!!!

…と思います。

海が赤ちゃんの時はあったんですけどねぇ…。
ゲージは軽く飛び出ちゃうし(今思えば、屋根付きを買うべきだった…)、クッション製のハウスはボロッボロッに綿を出しちゃうし(´・_・`)

そこで!探しました。
ネットで探したけり、お店に行って探してみたり。

でもなかなか、ピンとくるのがなくて。
いや、あったんですが、高くて手が出ない…。

そこで!

作ればいいじゃ〜ん!!

てことで、海ちゃんの部屋を作ることにしました〜♪( ´▽`)

昨日ホームセンターで木材などを購入してきました。

e0145710_23393486.jpg


始めてのDIYなので、溝がある木材を購入したので、あっという間に形ができあがりました♪(v^_^)v

e0145710_23393536.jpg


なんだか、物置みたい…ですが、いろいろ考えてこの形なのです!

今日は、材料の買い忘れでここまでですが、来週中には完成しそうです☆

完成したらまたアップしま〜す♪
[PR]
by sorarikukaiblog | 2011-10-20 23:27
事件
事件が起きました!

それは2日前のお昼頃の事です。
私は、娘と海ちゃんを連れて常盤公園に花を見に行きました。
中央駐車場は満車だったので、西駐車場へ。こちらは車が3分の1程度しかとまっていませんでした。

さぁ、着いた着いたと海ちゃんにリードを装着させ、車のドアをあけて、外に出しました。
海ちゃんのリードを持ったまま、今度は娘をチャイルドシートからおろそうと、手を延ばしました。
海ちゃんはいつも、外に出たら激しくそりゃもう激しくリードを噛んでガウガウ言いながらひっぱります(−_−;)
あんまりにも引っ張るので、ハーネスが抜けないように見とかないと!っておもって振り返ったら、まさに抜けてるところ!!!
服ごと脱げてるし!!!
とっさにダイブすれば捕まえられたでしょうが、娘も車から落ちちゃいけないし、もう頭が一瞬真っ白になって、固まってしまい、海ちゃん脱走………。

パニック!!
になりながらも、震える手で娘をチャイルドシートに乗せてシートベルト装着。

家で脱走した時は車のエンジンをかけると飛び乗ってくることが多いので、エンジンをかける。…が、車から脱走したのに車に戻るはずもなく…。

狂ったように、かいー!かいー!と叫び続けました。
周りから見たら頭がおかしいと思われた事でしょう…。

でも、駐車場の前はまあまあ車が通る道だし、道路にでたらもうおしまい!と思って気が気じゃない。
海ちゃん車の前にでも飛び出るし…。実際駐車場に入ってきた車の目の前を通って、危機一髪。

追いかければ逃げる…。

そこで閃きました!
公園に呼び込もう!!と。

公園のほうに走りながら、ほらっ海ちゃん行くよ〜!と平静を装ってみました。
すると、海ちゃんが、僕も行くー!と言わんばかりにダッシュでついてきたので、これを逃したらもうダメだ、と思って必死に走る海をキャッチしました!!

服を着てなかったから、逃げられるかと思ったけど、見事確保しました!

海ちゃんを抱っこして号泣ー!
泣きながら車に戻る途中、私が車にひかれそうになりましたが…(−_−;)

…ほんと無事でよかった(>_<)

つい先日もリードが抜けたし、気をつけないと…(泣)


e0145710_132144.jpg


常盤公園のお散歩写真はまた後日♪
[PR]
by sorarikukaiblog | 2011-10-18 23:44
チャック
今日の午後、チャックが虹の橋へと旅立ちました。

チャックはお義母さんと一緒に我が家へやって来ました。
海ちゃんの世話を焼いてくれたり(笑)、ほんとにやさしい子でした。

e0145710_23355054.jpg



「虹の橋」、愛犬家の間では有名な詩です。以下引用です。




『虹の橋』

天国の、ほんの少し手前に「虹の橋」と呼ばれるところがあります。
この地上にいる誰かと愛し合っていた動物は、死ぬとそこへ行くのです。
そこには草地や丘があり、彼らはみんなで走り回って遊ぶのです。
食べ物も水もたっぷりあって、お日さまはふりそそぎ、
みんな暖かくて幸せなのです。

病気だった子も年老いていた子も、みんな元気を取り戻し、
傷ついていたり不自由なからだになっていた子も、
元のからだを取り戻すのです。
・・・まるで過ぎた日の夢のように。

みんな幸せで満ち足りているけれど、ひとつだけ不満があるのです。
それは自分にとっての特別な誰かさん、残してきてしまった誰かさんが
ここにいない寂しさのこと・・・。

動物たちは、みんな一緒に走り回って遊んでいます。
でも、ある日・・その中の1匹が突然立ち止まり、遠くを見つめます。
その瞳はきらきら輝き、からだは喜びに震えはじめます。

突然その子はみんなから離れ、緑の草の上を走りはじめます。
速く、それは速く、飛ぶように。
あなたを見つけたのです。
あなたとあなたの友は、再会の喜びに固く抱きあいます。
そしてもう二度と離れたりはしないのです。

幸福のキスがあなたの顔に降りそそぎ、
あなたの両手は愛する友を優しく愛撫します。
そしてあなたは、信頼にあふれる友の瞳をもう一度のぞき込むのです。
あなたの人生から長い間失われていたけれど、
その心からは一日も消えたことのなかったその瞳を。

それからあなたたちは、一緒に「虹の橋」を渡っていくのです・・・。




『雨降り地区』

こんな風に、幸せと愛の奇跡に満ちている、「虹の橋」の入り口に、
「雨降り地区」と呼ばれる場所があります。
そこではいつもシトシト冷たい雨が降り、動物達は寒さに震え、
悲しみに打ちひしがれています。
そう、ここに降る雨は、残して来てしまった誰かさん、
特別な誰かさんの流す涙なのです。

大抵の子は半年もしないうちに、暖かい日差しの中に駆け出して、
仲間と戯れ、遊び、楽しく暮らす事ができます。
ほんの少しの寂しさと、物足りなさを感じながらも・・・。

でも、1年経っても2年経っても、ずっと「雨降り地区」から、
出て行かない子達もいるのです。

地上に残して来てしまった、特別な誰かさんがずっと悲しんでいるので、
とてもじゃないけれど、みんなと楽しく遊ぶ気になれないのです。
地上に残して来た誰かさんと同じ辛い想いをして、
同じ悲しみに凍えているのです。

死は全てを奪い去ってしまうものではありません。
同じ時を過ごし、同じ楽しみを分かち合い、愛し合った記憶は、
あなたの心から、永遠に消え去る事はないのです。
地上にいる特別な誰かさん達の、幸せと愛に満ちた想い出こそが、
「虹の橋」を創りあげているのです。

ですからどうか、別れの悲しみにだけ囚われないでください。
彼らはあなたを幸せにする為に、神様からつかわされたのです。
そして、何よりも大事な事を、伝えにやって来たのです。

命の儚さと愛しさを。
束の間の温もりに感じる、慈悲の心の尊さを。

その短い生涯の全てを以って、教えてくれるのです。
癒える事のない悲しみだけを、残しに来るのではありません。

思い出してください。
動物達が残して行ってくれた、形にも、言葉にもできない、様々な宝物を。

それでも悲しくなったら、目を閉じてみてください。
「虹の橋」にいる、彼らの姿が見えるはずです。


信じる心のその中に、必ずその場所はあるのですから・・・。








いつも元気いっぱいだったチャック。
今頃、虹の橋のふもとで元気いっぱい走り回っていることでしょう!

チャックありがとう!!


e0145710_23445490.jpg

[PR]
by sorarikukaiblog | 2011-10-04 23:45